Galleria-10-HOSHINOYA Tokyo
HOSHINOYA Tokyo


ウエルネス・サバテイカルのススメ Vol.3


いよいよ東京も10月からGo To Travelの対象になるようです。私なら何を選ぶか?私なら東京でゆっくりウエルネス休暇を過ごしたい。一人でもよいし、気の合うお友達とかご夫婦一緒でもよいし。ともかく、急激なおなか一杯の旅行でなく、自分を大事にした旅行がしたいとカラダもココロも欲しています。
私が選んだウエルネスパッケージは星のや東京が提供している特別なウエルネスパッケージ“深呼吸養生”です。この2泊3日のパッケージ。

チェックイン後にお部屋に荷物をおいて、トレーニングウエアーに着替えたら、まずは自分の身体のゆがみをチェック。そして知らず知らずに失われていたバランス感覚がどのようになっているのかを専属のコンディショニングコーチに診てもらいます。とくに重要視するのは、呼吸。しっかりゆっくり吐き出した息、ゆっくりたくさん吸い込む空気、深呼吸の仕方を習いながら運動とともに実践していきます。軽い運動をしたあとは、東京で星空を眺めながら、地下から湧き出る東京の温泉に入りパワーをいただきながらリラックス。そして経験豊富なセラピストによるスパトリートメント。マスク着用、フェイシャルなし、など。まだまだコロナに対しての十分なケアーをしたうえでのトリートメントでしたが、お部屋に帰ると急な眠気に襲われ熟睡です。

翌日は早朝に起きます。朝一番の力がある太陽を見るために、高層ビルの屋上に。このような場所にはなかなか東京に住んでいる私も行く機会はないのですが、厳重なセキュリテイーのもとで、ヘリポートに立つとそこには360度の東京のパノラマが。まだ目覚めていない東京を眼下に見下ろします。東には東京を暖かく照らす太陽が顔を見せたところでした。ここでアクティビティのスタッフとまた昨日の深呼吸を繰り返します。地球がちょっとお休みをいただいたこの数か月、東京の空気は驚くほど新鮮で甘く感じられます。

その後も、アロマオイルの調合、温泉を使って中で身体をほぐす、コンサルテーションとどんどんプログラムが続きます。その都度よみがえる五感、そして前向きな気持ち。2日目の朝のセッションはヨガの先生が監修する「深呼吸ストレッチ」。ここでも呼吸を合わせて身体を動かしていきます。そして身体をしばし横たえて瞑想。その間に先生がやさしくやさしく、肩や頭や手に触れていってくれます。ふれられた瞬間、“ああ、私はなんて大事にされているのだろう。”と感じたのです。その触れられた感覚は、小さい頃の母を、学生時代の友人の手を、そして家族を思い出させてくれるものでした。チェックアウトをしてそのまま仕事に。この3日間の養生で、失われつつあった感覚が蘇えり、コロナ後の明日に向かう力をいただけた。と心から思えた貴重な体験でした。


星のや東京
星のや東京
〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目9番1
TEL:0570-073-066 (星のや総合予約)
》Website